• 金 賢秀 ㈱KOLLECTION

【記事】帝国データバンクの帝国ニュース関西版 NO. 15601(2021年9月30日)に取り上げていただきました。


《記事内容》


【第447回】

株式会社KOLLECTION TDB企業コード:887050570

法人番号:8360001025300

所 在 地:大阪府東大阪市森河内西 1 - 4 - 9

T E L:06-4306-5400    設  立:2019年 2 月

代   表:金 賢秀氏        従 業 員: 8 名

事 業 内 容:韓国製化粧品の仕入れ販売

HP URL:https://kollection.co.jp


設立からわずか 3 年足らず、韓国コスメを取り 扱う(株)KOLLECTIONが、売り上げ・ 利益ともに急成長を遂げている。 ― いったいどのような方法で取引基盤を確立 したのか ― 代表取締役の金賢秀氏に話を伺うと、急成長の要因は韓流ブームの追い風だけでは ないようだ。


成長企業を得意先に人気ブランドの総代理店に

(株)KOLLECTIONは、金代表が大手 ディスカウントストアでマーチャンダイザーとし て勤めた経験と人脈を生かし、2019年 2 月に設立 された。当初は、沖縄にある同社の店舗との取引 を中心としていたが、現在では大阪や京都をはじ め全国の店舗へ向けて販売を行っている。

取り扱う品目は、化粧水や美容液などスキンケ ア用品、リップやアイシャドーなどメイクアッ プ用品のほか、ヘアケア用品、レディースファッ ションなど多岐にわたる。また、複数のブランド と総代理店契約を結ぶなど、日本国内で当社しか 仕入れ販売できない商品も多い。


トレンド把握・商品流通はスピード第一

盤石な得意先と仕入れ先を構築できた要因は主 に二つある。一つ目は金代表が韓国国内で設立し た関係会社、MITSUBA COMPANYの 存在。日本と韓国に拠点を構え、両国でSNSを 活用し、トレンドの早期把握に努めている。また、 韓国に拠点を置くことで同国での営業と仕入れに おいて柔軟な対応が可能だ。金代表は、「韓国の化 粧品メーカーはSNSを用いたマーケティングが 上手です。メーカーの発信と消費者の動向を早期 にキャッチすることがトレンド商品を扱ううえで 大切です」と話す。

二つ目が、2020年 7 月に取得した化粧品製造業 許可および化粧品製造販売業許可である。これ により、国内輸入元や問屋を挟まず、単独での海 外製化粧品の輸入・販売が可能になり、急成長の きっかけとなった。また、薬機法(旧薬事法)の基準を満たしているかの確認や行政への書類提出、 税関での対応などを一手に引き受けられるのも大 きな強みだ。金代表が「ワンストップで手がける ことで、お客様の負担軽減やリードタイムの短縮 など多くのメリットが生まれました。現在、新規 商品の依頼を引き受けてから 3 週間以内に商品を お客様に届けることを目標としています」と話す ように、スピードへの意識は非常に高い。

今後は、自社ECサイトでの販売強化など販売 チャネルの拡大により、得意先への依存度を引き 下げていく考えだ。既に2022年 1 月期は半期時点 で10億円を上回る売上高を計上(前期年売上高約 5 億円)しており、新規顧客の開拓とファン獲得 へ取り組みを加速させている。他方、金代表は 「急成長の段階にあるなか、人事制度の構築をは じめ、チャレンジ精神旺盛な若手社員の教育や、 必要資金の手当ても大切です」と、現状を冷静に 分析する。 黎明期にあり、急成長を遂げながらも課題が見 え始めた(株)KOLLECTION。トレンド 把握と商品流通のスピード感という強みを生かし つつ、地に足のついた経営を目指し、新たな時代 を切り拓こうとしている。

(取材・文/大阪支社情報部 藤坂亘)

閲覧数:498回0件のコメント

最新記事

すべて表示